イタリアン料理の種類16年09月15日16年10月07日運営者

イタリアン料理の特徴として大きく3つぐらいに分けることはできるのではないかと思います。

一つ目はフランス料理に近いタイプで北部イタリアのほうの料理です。やはりフランスが隣接しているために傾向が似ているのかバターや生クリームを使用した料理が特徴です。またこの地方は秋から冬にかけては寒冷地のためそれに相応じしい煮込み料理がおおいのも特徴です

二つ目は南部イタリアの料理です。ここの料理はいわゆる外国人がイメージする典型的なイタリアン料理になります。オリーブオイルとトマトをたっぷりと使った料理や魚介類などを使った料理も多数ありあます。スパゲッティとピッツァはここ南イタリアのナポリ料理の代表ともいえるものです。オリーブオイルとトマトはもともとここ南部料理の特徴的な素材でした。

3つめは中部イタリアの料理になります。ここは北部と南部がミックスされたスタイルの料理になります。ここは南北の物産品や特産品、文化などが取り入れられ都会風でおしゃれな料理が数多くあります。味わい的にはやはり北部と南部のほぼ中間的な感じになるのではないでしょうか。

やはり地域によって調理法は異なっていますが根底にあるのは素材を十分に生かした素朴な料理が多い傾向であることは間違いないと思います。